前へ
次へ

法律というのはいくらでもあるわけではない

どのような法律で国を統治するのかということが重要になります。
基本的には日本という字は明記されている法律以外では捌かれることはないということです。
法定刑というもの以外では駄目ということになります。
要するにある犯罪に対して犯罪に課されるべきものが法令で罰則によって規定されていなければならないということになります。
つまりは、書かれていないことは犯罪にはならない、ということになります。
但し、基本的には色々と法律はかなり解釈次第で大きく見えることもあったりしますから、それで裁かれることもあります。
あまりそうしたことはやってはいけない、ということになりますから、注意しておく必要性があります。
具体的には公序良俗に反するとかそのような形で、と言う事もあります。
割と公序良俗というのは幅広く捉えることができるようになりますから、ある意味ではそれで世の中を回しているということがあります。
実情や理想はともかく、現実はそうです。

オーテック|高品質の外注機械設計
外注機器の設計会社をお探しならコチラをチェック

補修した箇所がわからないコンクリートの美装
手触りや光沢・雨に濡れた濡れ色まで丁寧に再現できるので、10㎝の近さからでもどこを補修したのかわからない美装ができます。

https://www.autec.co.jp/
超高速技術で難しい組立も高速化!自動機・組立機の設計製造ならオーテックメカニカルへ。

Page Top